コーチングセンスつゆダクの方

コーチングとはちょっと違うが、今日感じたことを少し‥

私は仕事で、高齢で障害をお持ちの方と接することが多い。

今日、90歳近くで、心臓に持病があり、トイレ以外はほとんどベッドで過ごされている方から、こんな言葉を聴かせていただいた。


「TVをみているとね、100歳でも元気で動いている人がいるでしょ、この病気があるから多分100まで生きられないけどね、でも、努力はできるよね。」


泣きそうになった。



今、半年がかりで構想を練ってきた事業に取り組んでいるところだ。

ただ、私の悪いクセで、やろうと思っているのにめんどくさがってみたり、後回しにしようとしていることがある。


今日は、この言葉を聞いたので今日可能なことは全て、今さっきやり終えた。


何が私を動かしたのか。

ひとつは、この方の「努力」に触発された、と思う。

じっとしてても胸が苦しくなる方が、「努力はできる。」と言う。 実際、この方はベットの上で、絵を書いたり詩を書いたり、勉強したりしている。


ついこの間は、英語を勉強されていた。今日は、印鑑の意匠を考えておられた。

努力は比較するものではないが、私の状況や努力とつい比較し、うーーんと考えてしまう。


ひとつは、成果を求めないが、それに向かってただ前進しようとするあり方だと思う。

この方のおっしゃるとおり、100歳まで生きられないかもしれない。生きられるかもしれない。そこにはこだわらず、この方は前進する(努力する)。

以前に別の場所で強烈に焼きついたセンスであるが、今日はまた深いところにすっぽりと入ってきた。

言葉に重みがある、というやつだろうか。


もうひとつ。

同じ方と接した上司から聞いたのだが、日によっては、落ち込んでいるときもあるという。

でもそんな時、

「まあ人間だからね。また明日からそうすればいいじゃない。」

と、さらっとおっしゃったそうだ。

落ち込んだことを認め、さらっと流し、次に進む。

これも、すとんと深いところへ落ちた。


この方に、感謝。別れ際、しっかりと握手をして来た。


事業が、加速的に進みそうだ。

コーチング的結婚式

本日、結婚式の披露宴に出席してきました。

いつも思うのですが、結婚式の披露宴という空間(場)は、

「幸せ」

に満ちています。

結婚式は、2人がこれから夫婦として一生ともに生きていくことを宣 言し、承認してもらい、周りの人を含めてともに歩んでもらうことを 認めて合う式だと思っています。

出席者は、たとえ義理でも2人を祝福するために来ており、2人は、そ の祝福を受け入れ、感謝する、そういう空間(場)だな〜と感じました 。

と、すると、その空間(場)に、双方向の承認や感謝が存在するとき、 その空間(場)に、幸せが満ちるのかな〜

なんて。

コーチングとはあまり関係ないように見えますが、コーチングはコミ ュニケーションを用いるスキルですので、空間(場)とコミュニケーシ ョンしてみました。

こうすることで、コーチングのセンスも磨かれる、と感じています。

コーチングにおける目的の目的

コーチングにおける目的とはA 私の場合を書きますね。

私は、福祉関係の仕事をしています。

これは昔、私のコーチとのセッション(コーチとクライアントの会話)でひきだされたことです。


「お金持ちになって、いい暮らしをしたい。」

コーチ
「それで?いい暮らしをしたらどうなる?」

「‥余裕ができますね。生活費を稼ぐ、というところでないところで、福祉の仕事ができます。」

「そうするとどうなります?」

「好きな福祉の仕事に、生活費を考えないで没頭できます。」

「没頭するとどうなりますか?」

「この分野で有名になれそうです。」

「有名になるとどうなりますか?」

「私の福祉に対する考えを発信できます。有名になったほうが、相手にも入りやすいですからね。」

「それで?」

「日本の福祉・介護がよくなり、世の中がよくなりますね」

「それで?」
以下略

結局、この会話は、私が世界平和を担う、というところまで行きました。

私がお金持ちになったら、世界が平和になるのです。

これは、お金持ちになるしかない(笑)

でも、これ以来、もともと副業をしていたのですが、それにのめりこんでいます。

まだまだ、生活費を考えないで仕事ができる、というほどではないですが、家賃ぐらいは考えずにすむようになっています。


これが、目的の目的を観ることのパワーです。

コーチングにおける目的とは

コーチングにおける目的とは

先ほどの例でいくと、旅行してどうしたいの??というところです。
例えば、
・オーストラリアを1周して、雄大な大自然に触れたい
・パリでシャネル本店に行って買い物をしたい
などといったところです。

目標についた後、どうしたいのか、目標に至ったら、何がどうなるのか、です。

目的は、目標と違い、最終的に行きたいところですので、変えないほうがいい、というよりは、変わらない事が多いです。

というより、目的が達成されたあとのことを良く考えてみてください。


例えば、年収1000万円の目標の例でいきましょう。


ある人は、「お金持ちになる」という目的をもち、年収1000万、という目標を立てました。

この人は、なぜ「お金持ちになる」を目的にしたのでしょうか。

老後の安心を得たいからかもしれませんし、いい車や家を買って、満足したいからかもしれません。

これが、目的の目的です。

なお、目的の目的は、どこまでも広がりえますし、逆に目的までのショートカットを作りえます。

人はあらゆる可能性を持っており、それを自覚していないことが多いからです。

コーチは、クライアントからそれを引き出し、見せることがあります。

もちろん、コーチもクライアントのそういう面を知らないことは、よくあります。ただ、会話によりクライアントから引き出したり、クライアント自身よりクライアントを客観的に観たりすることにより、彼、または彼女がどういう状況かを把握しやすいのです。

例をあげましょう。

先ほどの「お金持ちになる」ことの目的が、いい家を買う、という人の場合です。

「いい家を買ったら、何か変わりますか?」
とコーチが聞きました。

クライアントは、
「いい家を買ったら、家族が幸せになるじゃないですか。今の汚い家よりは‥」
と答えました。


「なるほど、ご家族が幸せになるのが目的なのですね。」

「そうです。家族の幸せが目的です。」

「では、家を買う以外にご家族が幸せになるには、なにがあるでしょう?」

「え‥うーん、子供たちと遊んであげるとか、妻の負担を減らすために、家事をすることですかね。」

「それはすぐにできそうですか?家を買うのとどちらが簡単ですか?」

「‥すぐにできますね。」

「では、お幸せに!」

この場合は、クライアントはより早く、目的を達成することができそうですよね。ショートカットの完成です。

こんなにうまくいかないよ、という声が聞こえてきそうですが、そうでもないんだなこれが‥。

次は、目的が拡大する場合を書きます。

コーチングにおける目標と目的の注意点

目標と目的について

コーチングに限らず、成功したり、物事を上手く動かすには、この2つを意識する必要があります。
手段と目的、という言葉がありますが、それとは少し違い、目標と目的は明確に区別しなければならないのです。

コーチングにおける目標とは

コーチングを旅行に例えると、目標は、アメリカのNYだとか、ベトナムだとか、地名や名勝になります。つまり、行きたい場所そのものですね。そこに至ったか、至ってないか、明確にわかります。

オーストラリア1周旅行をしたいと思っているのに、ついた所がラスベガスなら、「あれ?」と思いますよね。そして、すぐにオーストラリア行きの飛行機に乗り換えますよね。

これが目標です。


目標は、動きません。自分で望んだら行き先を変更できたり、ずらしたりできますが、オーストラリアはあくまでオーストラリアですし、ラスベガスはあくまでラスベガスです。

実際のコーチングではどのようになるかというと、
・来年までに年収1000万円
・妻に「愛している」と日に2回いう
・お客さんを50人呼ぶ
・返品率を0.2%におさえる
というようになります。

お気づきかもしれませんが、すべて数字が入っていますよね。

数字それ自体は、変わりません。


数値を変更する事はできます。


これが、コーチングにおける目標です。
もちろん、数字を入れない目標もありますが、やはり目標は後に述べる理由により、数字を入れたほうが上手くいく場合が多いです

目標は動かないし数字それ自体は変わらないから、変えてはいけないのか?という声が聞こえそうですが、そうではありません。

コーチングで、目標を変える事は、実は上手くいく事が非常に多いです。頻繁に変える事はそこへ行く方法が揺らぎますので、あまりお勧めしませんが、ある程度柔軟性は持ったほうがいいです。

コーチングとは

コーチング(coahing)とは

コーチ(coah)やコーチングと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

バッティングコーチだとか、ピッチングコーチ、などの野球や、バスケットボール、テニスや水泳、ゴルフなど、スポーツやオリンピック競技のコーチが思い浮かびませんか?

マラソンの高橋選手の小出監督や、ゴルフのタイガーウッズの父親、イチローの父親、宮里藍の父親などなど、多くの方が、名称は違いますが、コーチとして活躍していらっしゃいます。

ところが、コーチングは必ずしもスポーツだけで活躍するコミュニケーションではありません。現在、ビジネスやコミュニケーション心理学の世界で注目されてもいるのです。

ですが、本当はどんな事にも活用できるコミュニケーション手法なのです。

コーチとは、古くは馬車を意味します。馬車は、乗客であるあなたを、行きたいところへ連れて行ってくれます。
コーチングとは、あなたを行きたい所へといざなうコミュニケーション手法なのです。

行きたい所とは

あなたは、行きたい所があるでしょうか。行きたいところとは、目標や目的が達成された状態をいいます。

例えば、
・成功したい
・世の中を良くしたい
・明るくなりたい
・悩みを解決したい

などです。

もう少し具体的にいうと、
・お金持ちになりたい
・会社の業績を2倍にしたい
・部下と上手くコミュニケーションをとりたい
・周りに親しい人が常に居て、人生を豊かに過ごしたい
・妻と上手くコミュニケーションをとりたい
・子供に考える力をつけたい

などなど、本当に様々なところへ連れて行ってくれるのです。

コーチングの目標と目的

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。